コース管理はゴルフ場の何でも屋さん!

コースでプレーしていると、コース内で作業をしている人たちを見かけると思います。
コース管理は「グリーンキーパー」と呼ばれ、グリーン・フェアウェイ・ラフの芝の管理や樹木の手入れなど、様々なゴルフ場内の作業を行っています。

いわゆる裏方の仕事になりますので、ゴルファーの皆さんがその活躍を目にすることはほとんどないと思いますが、コース管理なくしてゴルフ場の美しさを保つことはありえません。

今回はそんな縁の下の力持ちであるコース管理の仕事をご紹介します。

コース管理の仕事は主にフェアウェイやラフの刈り込み作業や、グリーンの手入れなどになります。
プレーヤーのみなさまがよく目にするのは、刈り込み作業と呼ばれる芝刈り機での芝のカットですが、それ以外にも肥料散布や目砂作業、スズメノカタビラをはじめとする雑草の除去など、芝の管理はなかなか手間がかかります。

さらにグリーンでは、グリーン状態を均一に整え、スピードを保たなければなりません。

カップ切りも重要になってきます。その日のホールロケーションを決める大切な作業であり、最も多くの人にその仕事の仕上がりを見せることになるからです。

カップ周りをよく見てみると上手くカットが出来ず、切り直したような跡が見えることや、酷い時には斜めにカップが切ってあるので、フラッグも斜めになってしまっていることがあります。

「あぁ、慣れていない人が作業したのかな?」と思いますが、やはり良い印象は持ちません。
逆にカップ周りの美しい切り口を見ると、「いい仕事しているなぁ」と某古美術鑑定家ばりに感心してしまうこともあります。

コース管理によると、「寒い時期になると、早朝のグリーンはカチコチに硬くなってしまうので、そのグリーンのカップを切ることは、思っている以上に重労働」なのだそうです。
また、夏場の芝の弱った時期には、少しでも芝に負担をかけないように切ることも配慮しているとのことでした。

普段意識してカップ周辺を見ることはないと思いますが、コース管理の仕事がよく分かる部分ですので、たまにはじっくりと鑑賞してみてください。

あまり日の目を見ることの少ない職業ですが、ゴルフ場になくてはならない人材であり、コース管理の良し悪しでコースの質が決まると言っても過言ではありません。

ご来場いただくを訪れる際には、是非コースメンテナンスにも目を向けてみてください。

TOP