三甲ゴルフ倶楽部 榊原温泉コース

キャディ&ゴルフ研修生
求人採用募集サイト

INTERVIEW先輩の声

はじめて社会に出て、仕事の難しさと面白さの両面を学びました。

森 郁乃
平成31年 入社

意外に楽しい!?ゴルフ。私もハマるなと思った。

ゴルフ自体、殆ど携わったことは無く、見るもの全てが新鮮と言うか正直チンプンカンプンでした。その中で、「実際にゴルフを経験する」という研修が、最後の研修時間30分を利用し、毎日ボールを打つことになりました。学生時代にソフトボールを経験していた私は見るより慣れろの言葉通り、ゴルフをやればやるほど、ゴルフの楽しさや難しさが分かってきました。何よりもボールがクラブに当った時の爽快感は、私もハマるなと思ったくらいでした。
私がこの仕事を選んだ理由は、地元にいたかった。というのもありますが、なにより自然の中で身体を動かす仕事が自分に合っていると思ったからです。高校時代は、アルバイトとして接客業に携わっていましたし、少しは自信がありました。
だけど、社会人として、自分が社員の方々と、同じ立場に立つとアルバイトとは違うプレッシャーを感じたことをとても印象強く思い出します。

やっているのに出来ていないと言われた苦い経験。そして何かが吹っ切れた瞬間。

挨拶から始まり所作まで、自分では元気に動いて声を出しているつもりなのに、先輩方からもっと元気よくと言われる度、どうしていいのか分からなくなりました。
今では普通になりましたが、とてもわざとらしくオーバーに振る舞わなければ追い付かないなと感じていました。自分がやっていけるのだろうか。いや、こんなことで負けたくない。心の中で、葛藤が渦巻いていました。
今でも覚えているのですが、自分では一生懸命やっているつもりなのに、なかなか周りに認めてもらえなくて。そんな悔しさで、言葉が詰まって胸がいっぱいになり、泣いてしまう事がありました。
人に涙を見せるのは、とても恥ずかしいと思っていたのですが、逆に周りに弱さを見せる事で、気分が楽になり、開き直ったというか、吹っ切れたというか、それから声が出る様になりました。

キャディの楽しさ、難しさ。そして新鮮な毎日。

キャディ業務の難しさは、先を読んで行動する事でしょうか。
1人で4人のお客様を接客するということは、お客様の2倍3倍のスピードで動かなければいけなので、スピード勝負だと思います。あとは、グリーンを読むことでしょうが、とても先輩には敵いません。
自分もゴルフをやって、少しでもコースのことを勉強したいと思っています。それと、車の運転が上手になりました。毎日、カートを運転していますしね。(笑)
この仕事の良さは、毎日違うお客様とコースに出て、ああでもないこうでもないと考え、楽しくお仕事出来る所だと思います。
一期一会と言う言葉が、毎日存在する。そこが、魅力なのかもしれませんね。
もし、来年も私と同じ立場で入ってくる人がいれば、私がこの仕事の楽しさをしっかりと教えてあげれたらと思います。

MORE INTERVIEWS

遣り甲斐のある仕事と子育ての両立
心身ともに充実しています。
子供との時間も大切にでき、有意義な時間が過ごせています。お客様との会話も楽しく、キャディをやっていて良かったと感じています。
 髙井 友起子 / 平成30年 入社
他のゴルフ場とも比較・検討して
職場環境の良い榊原を選びました。
キャディ経験があったので、環境・待遇面をしっかり検討して入社。結果的に充実した生活を送る事ができています。
 工藤 梨恵 / 平成29年 入社
毎日違うお客様と接する事が
何より楽しいです。
経験ではまだまだですが、若さと元気を生かして日々奮闘中です。
 辻村 彩 / 平成28年 入社

ご応募・お問い合わせはお気軽に正社員・パート・研修生と希望にあわせた形態で勤務可能です。
是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのご応募・問い合わせ
059-252-3535(求人/採用 担当:羽城)
※お電話の際に「キャディ求人サイトを見た」とお伝え下さい。
WEBからのご応募はこちら
電話で応募
WEBから応募
LINEで質問
アクセス