榊原温泉ゴルフ倶楽部

温泉・宿泊施設完備・三重県津市のゴルフリゾート

お電話
059-252-3535
倶楽部の歴史

榊原温泉ゴルフ倶楽部の歴史と
これまでのあゆみをご紹介します。

1994年

富士カントリー榊原温泉ゴルフ倶楽部
工事完了審査

グレッグ・ノーマン氏、及び小笹昭三氏の設計・監修の元、岡設計株式会社が造成工事・設計により、富士カントリー榊原温泉ゴルフ倶楽部が誕生。

1994年

富士カントリー榊原温泉ゴルフ倶楽部 開業

富士カントリーグループの「富士グリーン株式会社」が経営・運営を開始。

2005年

富士グリーン株式会社から
三甲株式会社の運営となる。

2006年
8

倶楽部ハウス3階 客室リニューアル工事・プール新設

倶楽部ハウス3階の客室にツインルームを3室増室し、19室から21室へ。この工事により、より多くのお客様をお迎えできるように。
同時に、大浴場の奥に屋外プールを新設。ゴルフに限らず、温泉・プール・宿泊と楽しむ事ができる「ゴルフリゾート」としての礎が確立される。

2008年

小林旭インビテーショナル
「三甲シニアゴルフトーナメント in 榊原温泉ゴルフ倶楽部」開催

9月13日・14日の2日間に渡り開催。大会1日目には飯合肇プロが「OUT32・IN31、トータル63」の大会レコードを記録で優勝を飾った。

2010年

PGAシニアツアー「榊原温泉ゴルフ倶楽部 シニアオープン」開催

大会に先駆け、大会出場権を掛けたアマチュア予選が同年の5月25日に開催され、上位10名に本戦出場の資格が付与された。
2日間にわたり行われた本戦では、室田淳プロが優勝。また本大会には、アマチュアも出場し、ローアマチュアには小林利治選手が輝く。アマチュアにとってはシニアプロを至近距離で体感することが出来た貴重な大会となった。

2011年

第1回 三重県実業団対抗ゴルフ選手権開催

三重県内のゴルフ最強の冠をかけて争う「三重県実業団対抗ゴルフ選手権開催」の第1回大会が、この年開催された。
 第1回 三重県大会には41社から計200名の選手が参加。激戦を制し、栄えある第1回大会の優勝に輝いたのは「株式会社NTT西日本 東海Aチームだった。
 姉妹コースの谷汲C.C(岐阜県)や京和C.C(愛知県)でも各県大会が開催され、上位15チームには決勝大会へ出場できる権利が付与されている、本大会は、第1回開催以降毎年継続的に開催され、現在で東海地区の企業ゴルフ文化を代表する大会の1つとなっている。

2011年

「フォレストヴィラ榊原温泉」竣工

エグゼクティブなゴルファーのみなさまに満足頂ける"ワンランク上の快適な滞在"を目指し、「森の中の安らぎと遊びの空間」をコンセプトにした、フォレストヴィラ榊原温泉がオープン。
ヴィラから直接コースへ出られるのはもちろん、各棟に源泉掛け流しの露天風呂や専用の駐車場を完備するなど、海外のゴルフリゾートを彷彿とするこだわりの設備とサービスを用意。誕生以来多くのお客様にご利用頂き、各所にて好評を博している。

榊原温泉ゴルフ倶楽部シニアオープン開催

ヴィラ竣工の同年9月に、2日間競技で行われたPGAシニアツアー。通算12アンダーで。優勝した水巻善典プロは、シニア4年目で掴んだ初タイトルとなった。
同時にシニアツアーキッズゴルフ体験会も行われ、プロと一緒に手を繋いでスタートティへ入場。プロゴルファーからゴルフを教わるなど、子供達にとっても貴重な体験が出来た大会となった。

2014年

フォレストヴィラ榊原温泉に新棟「アルブル」竣工

2011年のオープン以来、大変ご好評を頂いている「フォレストヴィラ榊原温泉」に、環境・設備・サービス全ての面でさらにこだわった、ラグジュアリーな新棟「アルブル」がオープン。
まるで榊原温泉ゴルフ倶楽部のコースを独り占めにしたかのような絶好のロケーションに建つアルブル棟は、既存四棟の2倍以上の面積を誇る広々とした空間設計、源泉かけ流しでお楽しみ頂ける開放感溢れる露天風呂、等の充実の設備とサービスを兼ね備えており、ワンランク上を知るエグゼクティブなゴルファーにも満足頂けるプレミアムスイート仕様となっている。

2015年

会社運営が「三甲株式会社」から
「八甲株式会社」に移管される。

2016年

住地ゴルフアンケートにて「三重県TOP10」入りとなる

ゴルフ会員権取扱業者で国内最大手の住地ゴルフが、各ゴルフ場メンバーを対象に2年に1度実施している全国最大規模のアンケートの最新版「第18回ホームコースアンケート」において、榊原温泉ゴルフ倶楽部が三重県の「総合評価上位TOP10」に選出。
また、アンケート内での各項目別の評価においても「グリーンコンディション」「フェアウェイコンディション」「土日のビジター同伴予約」の3項目において「中部地区で上位TOP10に選出」という、高評価を獲得。

2016年
9月

「三甲㈱PRESENTS - プロ野球OBゴルフ選手権 2016」開催

プロ野球界OBの名選手総勢20人が榊原温泉ゴルフ倶楽部に集結。日本テレビの番組収録を兼ねた三甲株式会社主催による大会が2日間に渡り開催された。
1日目は予選ラウンドとプロアマ大会を開催。1番ホールにてプロのドライビングコンテストも行われ、どの選手も"元プロ野球選手"らしく驚きの飛距離をマークしていた。
続く2日目は決勝大会、その後、表彰式の日程だったが、決勝は雨天の為途中で終了となり、勝敗は1日目の結果に委ねることに。栄えある優勝者は「原 辰徳氏」で幕を閉じた。

2017年
6月

「三甲㈱PRESENTS – プロ野球OBゴルフ選手権 2017」開催

前年に引き続き、第2回目となるプロ野球OBゴルフ選手権が2日間に渡り開催された。
総勢20人が初代チャンピオン原辰徳選手に挑む、男たちの熱い戦いが繰り広げられた。1日目は予報通りの強雨だったが、スタート時間を遅らせながら様子を伺うと徐々に天候は回復へと向かった。2日目はCS日テレジータスの初生中継も撮影され、選手たち熱戦の模様がリアルタイムで配信された。
表彰式は18番ホールのグリーン上で行われ、順位発表が終えると大きな喝采が沸き起こった。挑戦者たちは初代チャンピオンの座を勝ち取ることができず、原辰徳氏が2度目の優勝を果たした。

  • LINEで送る